北海道クラシックゴルフクラブ

ホッカイドウクラッシックゴルフクラブ
コース画像

アウト詳細

PAR 36
 ヤード数 / Back: 3267Y Regular: 3138Y Ladies: 2624Y

ドラコン推奨ホールドラコン推奨ホール  ニアピン推奨ホールニアピン推奨ホール
※Noをクリックすると詳細ページに移動します。
14414391337
24ドラコン推奨ホール383356315
3317616097
44418403287
55499472449
64375375294
75517517464
83ニアピン推奨ホール164143118
94321321263
TOTAL36326731382624

ホール別解説

No.1 PAR 4Back414Y
ボタン
No.1のコースレイアウト

距離のあるティーショットを左に落とすのが、グリーンを狙うベストアングル。グリーンは右をバンカーで、左をハロー(窪地)でガードされている。もしアイアンの調子が良ければティーショットを思いきりフェアウェイ右に打てばグリーン狙いの2打目のクラブが、一番か二番手短くてすむ。

詳細を見る

No.2 PAR 4Back383Y
ボタン
No.2のコースレイアウト

フェアウェイ左サイドをガードしているバンカーを避けることが、グリーン狙いのベストの方法。バンカーにガードされた二段グリーンを攻めるには、ショートアイアンまたは、ミドルアイアンの正確さが要求される。

詳細を見る

No.3 PAR 3Back176Y
ボタン
No.3のコースレイアウト

この距離のあるパー3には十分な飛距離の出るクラブが必要。グリーンへのアプローチが狭いので、十分長さのあるクラブでグリーンに直接のせること。

詳細を見る

No.4 PAR 4Back418Y
ボタン
No.4のコースレイアウト

クロスバンカー近くに落とすことが、グリーンを狙うためのベストアングル。この角度からならボールをランでグリーンにのせることも可能になる。この地点はフェアウェイが狭まっているので、フェアウェイをキープすればナイスショットである。

詳細を見る

No.5 PAR 5Back499Y
ボタン
No.5のコースレイアウト

ビッグドライブが必要なドッグレッグ。ティーグラウンドから約300ヤードで池が広がっているのが特徴。 池先のフェアウェイ左側は広くなっているが、右側にはバンカーが続き、挑戦意欲をかき立てられる。 2打目で池を楽に越すためには、距離のあるティーショットが必要。バンカーが右側に連続してあるが、2打目は左側のフェアウェイが広く取ってあるので、このバンカー群を避ける事は難しくない。またグリーンを狙う3打目のアングルもフェアウェイ左側からがベスト。

詳細を見る

No.6 PAR 4Back375Y
ボタン
No.6のコースレイアウト

フェアウェイがキープできれば、フェアウェイのどこにボールが落ちてもナイスショット。グリーンを狙う池越えの2打目は、簡単そうに見えるがグリーンは見ためよりかなり小さく難しい。

詳細を見る

No.7 PAR 5Back517Y
ボタン
No.7のコースレイアウト

フォローの風が強ければ、右2つのクロスバンカーはキャリーで越せ、2オンも可能となる。フェアウェイのどこから打つにしても2打目は、フェアウェイ中央の木を避けるボールを打つのに高度なテクニックが必要。グリーンの大部分が後ろ方向に下っているので、2打目フェアウェイ左側の2つのバンカー付近に打たないと、3打目でグリーンを長く使い、ボールを止めることができなくなる。

詳細を見る

No.8 PAR 3Back164Y
ボタン
No.8のコースレイアウト

大きなグリーンがバンカーでがっちりとガードされている。グリーンはハローなどのアンジュレーションによって二分されているので、カップのない側にのってしまうと、2パットでのパーは簡単にはとれない。

詳細を見る

No.9 PAR 4Back321Y
ボタン
No.9のコースレイアウト

この距離の短いパー4では、ティーショットはフェアウェイウッドかロングアイアンで十分。フェアウェイをキープすることが決め手。 ティーショットをあまり飛ばし過ぎると、右側の2本の大きな木が2打目の邪魔になる。2打目はグリーンをとらえるのに、ショートアイアンで十分だが、グリーン手前の深いバンカーをクリアするためにクラブ選択を慎重に。

詳細を見る

他のコースを見る ▲

  • お車でお越しの方
  • 電車でお越しの方